about

建築タブロイドマガジン『awesome!』(オウサム)を販売するショップです。『awesome!』は現在、全国の建築教育機関等への無料配布を基本とし、またその他、全国のギャラリーショップや書店などで、1部100円にて販売しています。このネットショップでは、【5部】の1種類をご用意させていただきました。ぜひ、友人、知人の皆さんと共同で購入いただけますと嬉しいです。よろしくお願いいたします。

http://www.awesome.tokyo

-----


建築系タブロイドマガジン『awesome!』は2014年6月に創刊しました。はじめまして。編集長の田中元子と副編集長の大西正紀と申します。

私たちはこれまで、mosaki(モサキ)というユニットで“建築と人々をつなげたい”という一心でさまざまなプロジェクトをつくってきました。私たちが愛してやまない建築は、変わりゆく社会の中で変わらず魅力を輝かせる一方、さまざまな問題を抱え持って、この21世紀に突入しています。どの分野で、活動するひとも、なんとなく怪しい雲行きを感じて、ぼんやりとした不安を抱えている時代です。建築の世界でも、同じことが起きています。私はそのことを「建築がヤバい」と表現しています。

では具体的に、何がどうヤバいのか。悪い意味でヤバくならないために、何ができるのか。良い意味でヤバいひとは今、何を考え、何をしているのか。こんなことを、専門、一般に関わらず、建築をとりまくすべてのひとと共有したい。モヤモヤした霧を、少しでもすっきりさせたい。良くも悪くも、今を、現実を見たい。それが、活発な議論や、何らかの原動力になってくれたら。そのような想いで創刊したのが、このタブロイドマガジン『awesome!』です。建築家を中心に「ヤバくない?」という問いに対してある解をもって活動されている方への2万字インタビューを、毎月あなたの手元に届けます。

既存の建築メディアで語られるのは、主に自身の紹介やプロジェクトについて。でも「ヤバくない?」と建築がつくられる「今」について語り尽くすパブリックな場は、今のところ『awesome!』だけです。私は建築が、建築するひとが、しあわせを目指している存在だと信じています。しあわせのかたちはさまざまだけれど、社会やクライアントがより良くなるにはどうしたらいいのだろう、という健気で素朴な気持ちをかたちにしたのが、建築だと思っています。

建築を学んだり、携わったりしている人々、ひとりひとりに、あなたとシェアしたい、あなたとコミュニケーションしたい。そんな気持ちを込めて、このタブロイドを届けます。


awesome!
編集長 田中 元子
副編集長 大西正紀

『awesome!』ホームページ
http://www.awesome.tokyo